カードローンからの電話での在籍確認を回避する方法

キャッシングで避けられないのが在籍確認

和紙の上の日本の桜キャッシング・カードローンの審査には、必ず在籍確認があります。
原則、電話でお勤め先に審査担当者が個人名で電話をして在籍しているかどうかの確認が行われます。
この審査が行われる理由は、申込みの条件として20歳以上で安定した収入がある方が対象となっているからです。
無職であるにもかかわらず、勤めていますと架空の会社名を申告したり、以前勤めていた会社を申告される方がいますので、本当にその会社に勤めているのか裏どりをするために行われます。
仕事をしていないということは、返済をするためのお金がないということですから、貸す側としてもきちんと返済をしてくれる人に融資をしたいのは当然です。

会社への電話による在籍確認は大きなデメリット

しかし、会社に内緒でお金を借りたいという方にとっては、この在籍確認は緊張します。
なるべくならかけてほしくはないです。
電話の際は、キャッシング会社の会社名を名乗るわけではありませんので、その点はプライバシーを十分に守ったうえで電話をかけてくれます。
電話の内容は、いるかいないかの確認をするだけですので、ただ今席を外しています、本日は休みです、外回りに行っていて戻るのは17時くらいです、といった回答が得られればその会社に在籍していますということになりますので、これで確認OKです。

在籍確認を回避するための方法

それでも会社に電話されるのはどうしても嫌という方もおられます。
そういった方は、書類で勤務先確認をしてくれるキャッシング会社に申込みをすることです。
大手消費者金融などでは、web完結申込みを採用しており、勤務先の確認は最新の給与明細書と社会保険証の提出で確認してもらえる商品があります。
書類の提出だけで勤務先確認としてくれますので、会社に電話をされることがなく融資を受けることが可能です。

消費者金融で在籍確認を回避する条件

ただし、社会保険証を所有している方が対象となります。
社会保険証には会社名が記載されています。
国民健康保険証の方は、書類確認で勤務先を確認ということにはなりませんので注意が必要です。
また、カードローン利用中に転職等で勤務先が変更になった場合ですが変更事項がある場合にはすみやかに連絡が必要です。
電話連絡またはWEBで変更手続きができます。
では、勤務先が変わったことを連絡した場合に、また勤務先確認のために電話されることがあるのかとなります。
この場合ですが、電話されることはないです。
変更手続きだけです。
ただし、限度額増額を希望される場合には、勤務先変更していることで在籍確認があります。