カードローン借り換えで利息負担を軽減させよう

返済予定表に基づいた返済よりも有利な返済を考えよう

ラナンキュラスの花キャッシングやカードローンの契約時には、返済予定表なるものを交付されます。
例えば、100万円の限度額で15%契約した場合、その限度額100万円を満額借入れした場合の返済計画表では毎月24000円程度に支払だと5年で100万円を返すことができます。
では、100万円を5年で返すとなった場合にトータルでいくら支払っていることになるのか、ローンはトータルの返済金額が重要になります。
100万円を15%の金利で5年で完済するとなるとトータルの返済金額は約140万円程度になります。
これは、元金と利息を含めた金額となります。

追加借り入れを行うとトータル返済額は1.4倍以上になる

しかし、カードローンの場合は繰り返し借り入れ自由なカードです。
これまでずっと返済をし続けてきていたけれど、ちょっとつまんでしまって追加融資をするとなると残高が減るどころか増えてしまいます。
そういったことを繰り返ししていると、完済予定期間が長くなってしまうことになります。

おまとめローンや借り換えローンの活用を考えましょう

これからは、追加で借入れは二度としない、早く完済を目指して経済的に余裕になることを目指すのであれば、借り換えローンを利用してみることです。
または、おまとめローンです。

メリットは借入先も返済日も1つにまとまること

借換えローンやおまとめローンのメリットですが、複数の金融機関から借入れをしている場合、その借入れをひとつにまとめることができます。
例えば、4社からお金を借りていたとします。
それぞれで返済期日も異なりますし、返済金額や返済方法、契約内容まで異なります。
ATMで返済をする方は、同じ貸しビルに借りている金融機関がすべて入っていればいいのですが、少し離れた場所にあると返済をしにいくのも移動で時間がかかって労力を使ってしまいます。
たまたま返済期日がそれぞれ近ければいいのですが、返済期日が離れていると返済管理をするのも面倒になります。
それが、借換えやおまとめローンを利用することによって返済先もひとつになるのです。

金利や手数料も低く抑えられます

毎月の返済は1回で1か所に返済をするだけですので時間の節約にもなります。
そして、金利も低くローンを利用することができます。
これまで15%で借入れをしたいた場合、さらに金利を低くしてローンが利用できます。
金利が下がることは、支払う利息の金額も低くなることです。
そうなるとトータルでの返済金額を減らすことができますし、支払金額が借換える前と変わらないとしてもその分金利が下がっていますので、下がった分は元金の返済にまわります。
そのため残高が減っていくスピードが速くなるのです。